【テストサイト】MODO 機能紹介・チップスサイト
single.php
2017年5月2日
11 シリーズ 新機能, MeshFusion, モデリング

Fusionにおけるカット・コピー・ペースト・分離機能の追加


https://www.youtube.com/watch?v=G6cu6zpsL8g

MODO 11ではMeshFusionに対して、いくつか便利な機能が搭載されており、その一つがFusionItem間のメッシュのコピー&ペーストや分離の機能です。

このサンプルシーンにはあらかじめMeshFusionで組み合わせるメッシュを5つ用意しています。二つと三つでFusionItemを作ってみます。作成された二つのFusionItemはただ単に重なり合っているだけであり、ブーリアン処理によりメッシュが組み合わさっているわけではありません。

このFusionItemで組み合わせに使用しているメッシュを、別のFusionItemへと持っていきたい場合、MODO 11からはこれをコピペだけで実現できるようになっています。このコピペはMeshFusionのツールパレットの中に新たに組み込まれてました。

実際に一方のFusionItemから切り取りたいメッシュを選択したら、一番左端にあるアイコンをクリックして、切り取ります。次に貼り付けたいFusionItemを選択したら、右から2番目の貼付けボタンをクリックします。そうすると、簡単にメッシュがFusionItemから移動することになります。

このFusionItemのコピペでは、プライマリに設定されているメッシュのみコピペが可能なので、減算トリムや積算トリムはそれ自体ではコピペすることができません。減算トリムや積算トリムは、組み合わされているプライマリと一緒にコピペされることになります。減算トリムや積算トリムをコピペしたい場合には、いったんプライマリへと変換した後でコピペし、その後で減算もしくは積算トリムへと変換することになります。

このようにして貼り付けたメッシュを、今度は逆に切り離したい・分離したいというときには、一番右側にある分離ボタンをクリックします。

このようにMODO 11のMeshFusionではFusionItem間のメッシュのやり取りが容易になっていますので、パーツの組み合わせのトライアンドエラーなどが楽に行えるようになっています。